カウンセリング営業で顧客と社員の夢・目標を達成。和未コンサルティングは営業・人材育成をサポートします。
Google+

「カウンセリング営業」で顧客・社員・経営者の「夢・目標」を達成。講演・セミナー・企業研修、人材育成は株式会社和未コンサルティング

お問い合わせ
ブログ・メルマガ読者に登録すると新着記事・News・イベント情報等をメールで受け取れます。
会社概要・アクセス
クライアントヴォイス
講演会・セミナー・研修 ご依頼はこちら
コンサルティングに関するよくある質問
お問い合わせ
コンサルタント 小林未千
小林未千 公式サイト
1枚のアンケート用紙で「新規顧客」が「100回顧客」に変わる!
サロン会員Contents
会員ログイン
サロン商材 OnlineShop
新規サロン会員 無料登録はこちら
サロン用美容商材卸 人気ランキング
   
 

・年間販促管理表の作成

こんなことはないですか?

・来月の販促内容が決まっていない
・反響が悪くなってきているが、他の集客方法が見えないのでやめられない
・スタッフが集客のための行動が出来ていない
・集客手法が偏っている
・集客のテーマにメリハリがない
・くちこみが集客が増えない

安定集客の2つのポイント

①販促計画は細分化、しっかりと立てること
②費用対効果の変化を把握、集客手法選びを実施
 
安定したサロン集客が、安定した売り上げ構築に必要だとは理解しているけど、どうすれば安定的に新規集客ができるようになるのか?と悩んでいるサロンさまが多いのが現状。
お客様のニーズの多様化、情報過多、成熟期でビジネスを成功させるために『これをやれば絶対に上手くいく』という、手っ取り早いやり方を求めても無理。
販促計画を細かく細分化し、目標と結果を正しく現状分析する必要があります。
年間販促管理表 サンプル

目標をプロセスに落とし込む

集客方法の細分化
目標売上金額  目標反響件数  新規・継続(それぞれ何名づつ)
 
 
【事例】目標売上700万
■新規:@10万×18件=180万 → 36件の目標反響数
(来店率80%・契約率60%)
■継続:@15万×35件=525万 → 54件の目標反響数
 
①それぞれの目標反響数を、各媒体に振り分ける
②1か月終了して結果を見るのではなくて、途中の進捗状況を確認。
(1週間単位・10日間単位)
③進捗状況によって、打つ手を考える。

販促計画を立てることでの4つのメリット

①計画を立てることで、準備が整う
ビジネスの結果は、準備に比例します。行き当たりばったりではなくて、準備力をつけることで仕事の精度を上げることが出来ます。
 
②活用できるデータ収集
今後の集客のために活かすことのできるデータを集めることが可能になり、予測が立てやすくなる。
 
 
③販促別費用対効果
地域・お客様・メニューによって集客に効果的なツールも様々。
効果を確認しながら、販促費用を効果的に使うことが出来るようになる。
 
④スタッフ力のアップ
スタッフ一人一人の『経費意識』や、自ら『考える力』をあげると同時に、経営に参加している意識を育てる。