カウンセリング営業で顧客と社員の夢・目標を達成。和未コンサルティングは営業・人材育成をサポートします。
Google+

「カウンセリング営業」で顧客・社員・経営者の「夢・目標」を達成。講演・セミナー・企業研修、人材育成は株式会社和未コンサルティング

お問い合わせ
ブログ・メルマガ登録/解除はこちら

 
ブログ・メルマガ読者に登録すると新着記事・News・イベント情報等をメールで受け取れます。
会社概要・アクセス
クライアントヴォイス
講演会・セミナー・研修 ご依頼はこちら
コンサルティングに関するよくある質問
お問い合わせ
コンサルタント 小林未千
小林未千 公式サイト
1枚のアンケート用紙で「新規顧客」が「100回顧客」に変わる!
サロン会員Contents
会員ログイン
サロン商材 OnlineShop
新規サロン会員 無料登録はこちら
サロン用美容商材卸 人気ランキング
   
 

・年間販促プランの作成

こんなことはないですか?

・来月の販促内容が決まっていない
・反響が悪くなってきているが、他の集客方法が見えないのでやめられない
・スタッフが集客のための行動が出来ていない
・集客手法が偏っている
・集客のテーマにメリハリがない
・くちこみが集客が増えない

年間販促プラン3つのポイント

①シーズン(テーマ)
②差別化
③価値訴求
販促プラン サンプル
①シーズン性
1年を過ごす中で、その時期ならではのお客様の抱える悩みや目的がないのか考えてみましょう。
 
例えば、同じ『洗顔レッスン』を提供する時を考えてみましょう。
肌乾燥が気になる冬だと
その洗顔の仕方が肌乾燥の原因!~乾燥しない正しい洗顔レッスン~
卒業・入学シーズンで忙しいママたちに
忙しいママ必見!~時短!だけどキレイになれる洗顔レッスン~
夏の紫外線が気になりだす時期には
今年の夏は紫外線に負けない!~うるおい洗顔レッスン~
 
シーズン性が加わることで、グッとイメージがわきやすくなりました。
人は、イメージがわくと行動を起こします。また、自分関係があるとイメージがわかないから行動しないのです。お客様が共感できる、イメージのわく販促を考えてみましょう。
②差別化 
商品・価格ではなくて理念・スタッフ・お客様を見せることで差別化をしていきましょう。
 
商品・価格で差別化をしお客様に選んでもらえるようにするのは、経営的にもとても難しい時代です。
新しい商品・サービスを作っても、情報化社会ではすぐに同じようなものがあふれてくる。価格を下げるのにも限界があり、大企業にはかなわない。
 
お客様の『こころ』に響く!共感・応援してもらえるお店であることを伝える必要があります。
 
お客様は情報を集めたいと思っているのでブログやニュースレター風にし読んでもらえる内容にすることや、多店舗展開サロンであれば、各店順番に取材形式で掲載するのもよいですね。

③価値訴求
お客様に選ばれ続けるには、『商品・サービスの価値』 ≧『提供価格』であることはあたりまえ。
では、サロンに来店してくださるお客様にとっての「価値」とはいったい何でしょう?

直接的な価値で考えられるのは、痩身メニューだと「体重が減ること」「二の腕が細くなること」「脚がやせること」などが考えられます。
実際にはそれ以外の部分に価値を感じていることも多く、それらが掛け算され顧客満足度にもつながります。
・丁寧な接客で、お姫様にでもなったかのよう
・好きな香りのオイルを使ってもらうことで、心がリラックスする
・施術中にエステティシャンに美容法のアドバイスが受けられる
・専門知識豊富なスタッフににダイエットについて色々相談ができる
・オールハンドの施術をしてもらうことでコリがとれる
・ぐいぐいと力強いマッサージが、達成感を感じられる


お客様にとっての「価値」は何かを見極める
お客様の「反応」をしっかりと観察していくことで、そのお客様が何に価値を感じていただけそうかを推察することが大切です。
また、お帰りの際に「いかがでしたか?」と聞いてみるのもいいですね。
「気持ちよかった~」「楽しかった~」「勉強になった~」「疲れが取れた~」お客様のお答えによって、何に価値を感じていただいたのかが分かりますね。