カウンセリング営業で顧客と社員の夢・目標を達成。和未コンサルティングは営業・人材育成をサポートします。
Google+

「カウンセリング営業」で顧客・社員・経営者の「夢・目標」を達成。講演・セミナー・企業研修、人材育成は株式会社和未コンサルティング

お問い合わせ
   
 

未千のセールスマネジメント

小林未千のブログはkobayashimichi.comで更新しています。

カウンセリングに必要な要素は4つ  [2014年08月25日]
サロンのスタッフのカウンセリング力が低くて…
■契約数が上がらない
■リピーターが少ない
■物販に繋がらないetc…

サロンオーナーの悩みはつきませんね。

スタッフのカウンセリング力を上げるには、カウンセリングに関しての、どの部分が低いのかをよく分析する必要があります。
今は「私のカウンセリングを見て覚えなさい!」では通用しません。

ちなみに『カウンセリング』とは…何なのか?を調べてみました。
依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助


カウンセリングに必要な要素は大きく4つ
①お客様との人間関係・信頼関係が構築できているのか?
②お客様も抱える問題・悩みを引き出しているのか?
③お客様に合わせての、相談援助ができているのか?
④専門的な知識・技術は十分なのか?



カウンセリング力を上げる為の研修をさせていただく中で感じることがあります。
④の知識・技術ははしっかりと勉強していて自信がある。
そして、カウンセリングの流れやマニュアルは準備されているけど
①②③の一人ひとりのお客様との関係性の取り方がどうも上手くいっていないサロンさまが多いようです。

人の気持ちは、マニュアルでは動かないから難しいですね。
もちろん、基礎力を身につける上でマニュアルも必要なのですが。
 
 
 
「感動」が人を動かす!
お客様の心を動かすポイントは『感動』です。
 
スタッフ自身が仕事に対して『感動』している!
お客様との『感動』のエピソードをたくさん持っている!

そこから創り上げる必要があると思うのです。
 
 
サロンのスタッフ一人ひとりは自分自身の仕事に感動していますか?
お客様との感動エピソードを話すことができますか?
 
一度確認してみましょう。
 
カウンセリング
Posted at 09:00