カウンセリング営業で顧客と社員の夢・目標を達成。和未コンサルティングは営業・人材育成をサポートします。
Google+

「カウンセリング営業」で顧客・社員・経営者の「夢・目標」を達成。講演・セミナー・企業研修、人材育成は株式会社和未コンサルティング

お問い合わせ
<<  2021年12月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コンサルタント 小林未千
小林未千 公式サイト
無料メールレッスン!売れるカウンセリング
無料メール講座は、代表 小林未千の『カウンセリング力向上』のためのコツ他、News・イベント情報などお届けします。
 
1枚のアンケート用紙で「新規顧客」が「100回顧客」に変わる!
サロン会員Contents
会員ログイン
サロン商材 OnlineShop
新規サロン会員 無料登録はこちら
サロン用美容商材卸 人気ランキング
 
お問い合わせ
会社概要・アクセス
 
小林未千YouTube
   
 

営業マネージャー弘和ブログ

起業に向けて[個人と法人の違いとは?]  [2015年08月11日]
前回の記事では
起業に向けて個人事業なのか法人事業なのかを書いてみましたが
今回はもう少し細かく比較してみようかと思います。
 
[設立する時の手続きは?]
個人・・・簡単です。(税務署に書類を提出)
法人・・・法人化の手続きが面倒です。(弊社では私が手続きしましたが・・・大変でした)

[資本金はどれくらい必要なのか?]
個人・・・必要ありません。
法人・・・1円以上から

[設立に必要な人数は?]
個人・・・1人からできます。
法人・・・1人でも設立はできます。(会社形態によっては必要人数が違います)
   
[開業費用はどれくらいかかるのか?]
個人・・・資金0でも始めれますが、名刺やパソコン等・・事業を始めるのに必要な費用。
法人・・・上記の開業に必要な費用以外にも登記費用も必要になります。(登記作成をお願いすると別途費用も)

[事業内容を変更するには?]
個人・・・自由に変更できます。
法人・・・定款の変更が必要になりますので費用が発生します。

[事業場所の移転をした場合は?]   
個人・・・移転は自由
法人・・・定款の変更手続きが必要となりますので費用が発生します。

[廃業する場合は?]
個人・・・簡単です。(税務署に書類を提出)
法人・・・複雑で専門家に依頼すると費用が発生。

[社会的信用はどちらがありますか?]
個人・・・法人に比べると不利となります。
法人・・・法律で社会的に認められていますので、社会的信用があり金融機関からの借入も有利となります。   

[会計については?]
個人・・・確定申告も簡単で、自分でもできます(弊社でも自分で行っていました)
法人・・・決算書の作成が煩雑なので自分で作成は大変だと思います。専門家にお願いし別途費用が発生します。

[税金は?]
個人・・・事業所得は全部に税金がかかりますので節税メリットは不利に!
法人・・・事業所得は法人税と所得税を選べ、節税メリットはあります。    
 ※事業所得の金額にもよります!!
   
[事業に対する責任はどうなのか?(リスク面)]
個人・・・無限責任となります(事業主が全てに対して責任をとらなければいけません)
法人・・・有限責任となります(基本的に出資額までの責任のみとなります)  
 
上記のように個人・法人ともメリットやデメリットは様々です。
事業の規模大きくなり売上も拡大してきたら
会社化を考えてみたほうが良いかと思います。
 
どちらが一番良いとは言いきれませんので
ご自身で選んで下さい。
テーマ:■起業
Posted at 14:32