カウンセリング営業で顧客と社員の夢・目標を達成。和未コンサルティングは営業・人材育成をサポートします。
Google+

「カウンセリング営業」で顧客・社員・経営者の「夢・目標」を達成。講演・セミナー・企業研修、人材育成は株式会社和未コンサルティング

お問い合わせ
<<  2021年10月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
コンサルタント 小林未千
小林未千 公式サイト
無料メールレッスン!売れるカウンセリング
無料メール講座は、代表 小林未千の『カウンセリング力向上』のためのコツ他、News・イベント情報などお届けします。
 
1枚のアンケート用紙で「新規顧客」が「100回顧客」に変わる!
サロン会員Contents
会員ログイン
サロン商材 OnlineShop
新規サロン会員 無料登録はこちら
サロン用美容商材卸 人気ランキング
 
お問い合わせ
会社概要・アクセス
 
小林未千YouTube
   
 

営業マネージャー弘和ブログ

起業に向けて[会社形態は?]  [2015年08月25日]
会社設立の手続きの話の前に
まずは会社設立にあたって事業形態を選ばなくてはいけません。
 
一般的に知られているのは「株式会社」、その他には「合資会社」「合名会社」「合同会社」の4タイプに分類されます。
 
さて?大きな違いとは?
それは、会社が倒産してしまった場合の出資者の責任範囲が違ってきます。
株式会社と合同会社は有限責任、合資会社と合名会社は無限責任となります。
 
有限責任とは?
出資の範囲内でしか責任を負わなくていいのが「有限責任」です。
 
無限責任とは?
会社が破綻したり倒産した場合の会社の借金について、出資者が無限に責任を負うことになります。
 
4タイプの分類の特徴
 
株式会社
①出資者の責任は有限責任。
②一人でも設立可能。
③出資金は1円以上。
④株式譲渡制限のある会社だと、取締役会の設置不要。
⑤役員の任期が決まっている。
 
合同会社
①出資者の責任は有限責任。
②一人でも設立可能。
③出資金は1円以上。
④定款手続き不要。
⑤役員の任期が決まっていない。
⑥設立登記費用が株式会社より安い。
 
合名会社・合資会社
①出資者の責任は無限責任。
②一人でも設立可能。(合資会社は2名以上必要)
③資本金の制度が無いので、出資は信用・労務や現物出資が可能(現金により出資は義務付けされていない)。
④設立時の事務手続きは株式会社や合同会社より簡単。
⑤個人事業と違い、社会保険に加入できる。
⑥定款を自由に設定。
 
上記のように会社形態によって特徴が違いますので
どの形態で会社を設立するかを考える必要があります。
 
 
テーマ:■起業
Posted at 13:00