カウンセリング営業で顧客と社員の夢・目標を達成。和未コンサルティングは営業・人材育成をサポートします。
Google+

「カウンセリング営業」で顧客・社員・経営者の「夢・目標」を達成。講演・セミナー・企業研修、人材育成は株式会社和未コンサルティング

お問い合わせ
<<  2021年10月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
コンサルタント 小林未千
小林未千 公式サイト
無料メールレッスン!売れるカウンセリング
無料メール講座は、代表 小林未千の『カウンセリング力向上』のためのコツ他、News・イベント情報などお届けします。
 
1枚のアンケート用紙で「新規顧客」が「100回顧客」に変わる!
サロン会員Contents
会員ログイン
サロン商材 OnlineShop
新規サロン会員 無料登録はこちら
サロン用美容商材卸 人気ランキング
 
お問い合わせ
会社概要・アクセス
 
小林未千YouTube
   
 

営業マネージャー弘和ブログ

起業に向けて[許認可について]  [2015年09月09日]
前回は株式会社の設立手続きについてご紹介しましたがその中の資本金の額で「許認可」と言う言葉がでました。
 
今回はこの許認可事業について簡単にご紹介します。
 
誰でも起業するときには、どんな事業でもする事はできます。
但し、その事業内容によっては許認可が必要となるときがあります。
 
なので起業しようと考えたときに、その業種が許認可が必要なのかどうかは必ず調べる必要があります。
 
例えばどんな業種が許認可の届けが必要なのか??
良く知るところでは喫茶店や飲食店で開業するには保健所へ届け出を出して許可をもらう必要があります。
他にもクリーニング店、ペットショップ、美容室、旅行代理店・・・・・多様に渡ります。
 
そして業種によって、届け出る先も異なっています。保健所、警察署、税務署等・・・開業の前に関係官庁に確認すると良いです。
 
まず許認可について知っておくべき事があります。
許認可は大きく5つに分けられます。[届出、許可、登録、免許、認可]
 
届出とは?
届出書を提出するだけで事業を開始できます。しかし、設備がある基準を満たしているかどうかを確認される場合があります。
 
許可とは?
届出書を提出し、行政官庁の審査を受けて、一定の条件を満たしていれば事業を行えます。
 
登録とは?
行政官庁に登録する事で事業を行えます。

免許とは?
免許を取得する事によって事業を行えます。
 
認可とは?
行政官庁に申請書を提出して認められれば事業を行えます。
 
そして許認可の種類にはかなり沢山ありますが、その一部をご紹介しますのでご参考にして下さい。
 
保健所の窓口へ届出が必要な業種
飲食店
菓子製造業
食料品等の販売業
魚介類販売業
旅館、ホテル
理容業、美容業
クリーニング業
ペットショップなど
 
都道府県庁・警察・税務署等へ届出が必要な業種
酒類販売業
薬局
リサイクルショップ
各種学校
旅行業
宅地建物取引業
建設業
運送業
人材派遣業
中古車販売行
自動車整備業
ガソリンスタンド
パチンコ、ゲームセンター
マージャン店
警備業など・・・・

   
 
テーマ:■起業
Posted at 11:01